菊芋(キクイモ)・ヤーコン・ヨーグルト種菌・純チタンネックレスなど、からだのきれいを科学する「ミレー」は、健康らいふを応援しています。

  ホームへ Eメール  
キクイモヤーコンセイバーワンゲルマ倶楽部ラクダーネDXABCT種菌ヨーグルティア
ヨーグルティアPROヨーグルトメーカーカスピメーカーメデタンカプセルメデタンクメデタンク 1t
メデパック癒し空間プラン中古健康機器販売ご注文フォーム

天然イヌリンの宝庫 菊芋(キクイモ)

菊芋(キクイモ)は北米原産のキク科の植物です。草丈は2〜3mにもなり、収穫前の秋口になると、菊に似た黄色い花を咲かせます。地下部には生姜に似たイモ状の塊根をつけます。 菊芋(キクイモ)は元来、北米大陸に定住するするインディアンたちの食料源でした。


16世紀初頭のころ、騎兵隊が北に進出しその寒さに打撃を受け、兵士たちは次々と倒れ勢力を弱めていきました。ところがそのあたりの地域に住むトピナンブ族は元気に生活していました。後で調べたところ、その食生活の違いは菊芋(キクイモ)であることが判明しました。
日本へは、江戸末期から明治初め頃にアメリカより飼料用作物として導入され、第二次世界大戦後の食料難の頃には、作付統制野菜として代用食になりました。
その後、食料自給率も改善され、特に普及することもなく忘れ去られていましたが、近年になりヨーロッパにおいて成分の研究が進み、高栄養価の食品であることが判明しました。
■ 野菜一の天然イヌリン含有量!!

特にドイツを中心に機能性食品への活用の試みが盛んに成されています。日本においても最近になり、ようやく普及が進みつつあります。
菊芋(キクイモ)の糖質にはデンプンは含まれておらず、イヌリンという多糖体により構成されています。菊芋の主成分であるこのイヌリンこそが注目される所以であり、様々な健康機能性を備えています。
このイヌリンはタマネギ、ニラ、ゴボウ、アザミなどのキク科の植物に多く含まれていますが、その中でもこの菊芋(キクイモ)が最も多く含み、現在のところ植物界一とされています。


■イヌリン以外の成分
■ミネラル:カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、ナトリウム
■ビタミン:ベータカロチン・B1・B2・C・サイアミン・リボフラビン・ナイアシン・ビオチン・アスコルビン酸
■酵素:イヌリナーゼ・プロティナーゼ・インベルターゼ・ホスホリラーゼ・フォノラーゼ
■必須アミノ酸:ロイジン・リジン・フェニルアラニン・ヒスチジン・メチオニン・ベアイン・コリン

菊芋(キクイモ)乾燥粉末100g中のミネラル含有量
ミネラル 含有量
カリウム 2.1mg
ナトリウム 20mg
マグネシウム 199mg
カルシウム 140mg
リン 330mg
2.4mg
マンガン 2.8mg
0.4mg
亜鉛 10.1mg
セレン 0.993mg

◆糖の気になる方!!キク〜イモパワー「キクイモパウダー」
キクイモ   キクイモ
■おすすめポイント
菊芋(キクイモ)は、キク科の植物で原産地は北アメリカ北部や南米ブラジルとも云われています。
学名は、「Herianhus tuberosu」と呼ばれ、語源はギリシャ語に由来し、ヘリアンツスは「太陽の花」、
ツベロススは「塊茎状」と云う意味です。
秋には、ひまわりのような綺麗な花を咲かせて、草丈は3m以上にもなります。
そして、花の咲き終わる10月末頃になると地中に塊根ができます。
この塊根には、天然イヌリン(難消化性多糖類)が植物界NO.1の含有量で含まれています。
天然イヌリンは、腸内のビフィズス菌など善玉菌の増殖を促し、悪玉菌の増加を抑える働きがあります。
特に、糖質にデンプンを含まない天然イヌリンの宝庫なので糖濃度の抑制に期待されています。
更に、整腸作用のダイエット効果や塩分・脂肪過多の食習慣を改善すると女性やご年配の方にも好評です。
尚、原料は微生物自然農法で栽培された国内産「菊芋100%」を使用しております。
又、独自開発の特殊技法により、菊芋の天然イヌリンを最大限に引き出しました。
しかも、菊芋独特の“ほんのり” とした甘みがあり、とっても飲みやすくなりました。
是非、この機会に、ご試飲ください。
■商品説明
キクイモパウダー 商品名:キクイモパウダー
内容量:粉末120g
生産地:日本国産

◎飲み方:小さじ一杯分をカップ等に入れ熱湯を注ぎます。パウダー状の粉をよくかき混ぜてお飲み下さい。毎日3回以上のご使用をお勧めいたします。

ご注文はこちら

▲ ページのトップへ
(C) Copyright kenko life milley, All rights reserved.